歯科衛生士の日記。

HOME > Dentalブログ「歯科衛生士の日記。」
<< ピエゾ・サージボーンを導入!! | main | 大阪のショールームへ >>
歯周内科治療について
 
ここ最近、テレビや雑誌で紹介された『歯周内科治療』についての電話でのお問い合わせや、来院されての治療を希望される方が増えたように思います

それで、患者さんの話を聞いているとやはりテレビや雑誌なわけですから、いいことばかりうたって本来の意味を報道してない気がするのです

というわけで、今日は今話題の『歯周内科治療』について書きたいと思います。

従来の『歯周病治療』なら、痛い思いをして歯石を取ったり、状態の悪い歯茎をめくって処置をしたりと外科的な方法でした。

しかし、最新の歯周病治療は『歯周内科治療』という方法があり、
簡単に言うと、歯周病の原因菌になる細菌(スピロヘーターなど)を
^盟蟶晃家鏡で見ていただき、
原因となる菌をお薬で除菌する。
除菌後、歯石を取る。

という治療になります。

で、ポイントはこの番の『お薬』

このお薬は、歯周病菌を除菌してくれる抗生物質なのですが、これを飲めば歯周病が治る魔法の薬と思われている方が多いようなのです

それは少し違います。

確かに、歯周病により歯茎から膿が出ている状態(歯槽膿漏)が改善したり、
腫れていた歯茎が潮が引いたみたいに引き締まります。
その状態での歯石除去で痛みなく歯周病が改善するわけです

しかし、レントゲンを見てみると大きく骨が溶けてしまっている、もしくは歯がぐらぐらしている、というような重度の歯周病にかかっている歯はこの薬を飲んでも、骨が回復してくるわけでも、ぐらぐらしているのが止まるわけでもありません。

また、薬を飲んだからといって歯周病に二度とならないわけではありません

お薬を飲んで除菌をしたあとの、おうちでの歯と歯茎のケアーと、定期的なプロによるクリーニングが一番重要になってきます

正しい知識で歯を健康に保ちましょう


| 歯科 | 22:38 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









関連リンク

  • 徳島メタルフリーデンタルクリニック
  • 徳島・浜口歯科インプラントリカバリセンター
  • 徳島・浜口歯科審美インプラントセンター
  • 歯科タウン
  • Dentalブログ 歯科衛生士の日記。
  • facebook