歯科衛生士の日記。

HOME > Dentalブログ「歯科衛生士の日記。」
<< 歯並びで悩んでいる新婦さん必見!! | main | 究極の審美歯科 >>
究極の審美歯科
皆さん、こんにちはきDH☆YASUです。

朝晩、本当に寒くなってきましたねアセアセどんどん秋が深まっていってるようですもみじ

さて、今日はBOPTについてもう少しお話していきたいと思います。
BOPTとは何だったでしょうか?復習してみましょうニコッ

BOPTとは『Biologically Oriented Preparetion Technique』
日本語に訳すと、『生物学的形成テクニック』です。

BOPTを施術することにより、
●歯茎のラインの対称性を実現できる
●セラミックと歯茎とのなじみ、調和に優れている
を実現することができます。

そして、BOPTは健康な歯周組織に行うのが前提になります。

ところが、浜口歯科では
まる歯周病の進行がある場合
まる歯周外科処置の効果が期待できない場合もしくは向かない場合
 (糖尿病患者や骨粗しょう症・ステロイドやBP製剤を投薬されている方

上記の方においてBOPTの技術を用いることによって歯周病の改善を得ることができます。

糖尿病患者や骨粗しょう症・ステロイドやBP製剤を投薬されている方は歯周組織の改善が
本当に困難でした。
しかし、BOPTの技術を用いて歯周組織環境のリセット、再生、改善を促すことができるのです。

それでは、早速症例を見ていきましょう矢印上
Before

この方は、ステロイド、BP製剤を服用されていて抜歯などの外科処置を行うことが難しい・・というのが現状です。
そういう、外科処置が行えない方にBOPTの技術を使うと・・こうなりますびっくり
After

見た目ですぐ分かるように歯茎がとってもきれいになり、汚れもほとんど付いていません。

このように、BOPTの技術を行いセラミックをかぶせることによって清掃性の改善を図ります。
また、口腔内の細菌数を減らすことで肺炎のリスクを減らす・・ということに繋がるのです。

BOPTって本当に素晴らしい技術ですねニコッ

次回は糖尿病の方の症例をご紹介したいと思いますヤッタv



 
| 歯科 | 10:30 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









関連リンク

  • 徳島メタルフリーデンタルクリニック
  • 徳島・浜口歯科インプラントリカバリセンター
  • 徳島・浜口歯科審美インプラントセンター
  • 歯科タウン
  • Dentalブログ 歯科衛生士の日記。
  • facebook