歯科衛生士の日記。

HOME > Dentalブログ「歯科衛生士の日記。」
<< 今年もあと少しとなりました! | main | お久しぶりです♪ >>
メンテナンスの必要性

先週日曜日、メンテナンス成功のための二つの柱

=炎症のコントロールと力のコントロール=という講演会に、院長とスタッフ3人で行ってきました。

改めてメンテナンスが必要だと再確認しました。

皆さんメンテナンスという言葉をご存知ですか



歯科医院で受ける定期的な歯のクリーニングと検診と考えてください。

メンテナンスで歯とお口の健康を保ち、早期発見早期治療をすることで、歯周病や虫歯を予防することが出来ます

なぜ歯科医院で衛生士が行うクリーニングが有効なのでしょうか・・・

それは、歯ブラシや洗口剤だけでは落とせないバイオフィルムという、へばり付き菌(ヌルヌルネバネバしたもの)が歯の表面に強固に付着しているからなのです。そのへばりつき菌を破壊しないと、歯周病菌がたくさん発生して、口臭、出血、ツバがネバネバしたり、歯が動いたり・・・。みなさん口が臭い人に、あなた口が臭いと言えますか

歯周病菌が口の中から減ると、糖尿病、高血圧、肺炎なども予防できると言われています。健康を見直すためにも、まず歯科医院へ行ってみてはいかがでしょうか

 

皆さん歯ぎしりくいしばりをしていませんか肩はこっていませんか

正常な人の場合、上下の歯と歯が接触する時間は、一日で17,5分だそうです。皆さん納得できますか

歯ぎしりは夜間就寝中に体重をはるかに超えるような、ふだんの何倍もの強い力でかんでしまうことなのですが、日中無意識に長時間、持続的に行っているのが、くいしばり、かみしめです。子供のころからの悪習慣となっていることが多く、自覚してない方が多いのです。

いつも院長は、顎先を梅干しにするな!口角を下げるなと口うるさく患者さん、スタッフに説明しています。スーっと息はくぐらい口元を緩めると肩の力も減って肩こりも改善で、寝ているときは意識できないのでマウスピースが必要なのです。

普段の意識を少し変えるだけで、歯の寿命も延びて快適に過ごせるかもしれません

普段生活しているときに「歯は離してリラックス」させてみましょう

たけしの、「ためしてがってん!」でも言われていたそうですよ

 

痛いところだけ治療する、症状が出てから歯医者にいくという考えは、もう時代遅れです。

先輩のいい言葉・・・「歯は財産」です

| 歯科 | 13:19 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









関連リンク

  • 徳島メタルフリーデンタルクリニック
  • 徳島・浜口歯科インプラントリカバリセンター
  • 徳島・浜口歯科審美インプラントセンター
  • 歯科タウン
  • Dentalブログ 歯科衛生士の日記。
  • facebook